もう悩まない!お尻ニキビを治すために私が行った方法

お尻ニキビを予防するために

お尻は人に見せる、見られる部分ではありませんが、綺麗なことにこしたことはないですよね。

 

私は毎日子ども達の綺麗なお尻を見ているので、私もこんな綺麗なお尻でいたいなと毎日思っています。

 

なので自分にできることはなるべく努力し、お尻ニキビができないように気をつけています。

 

まず、お尻を清潔に保つようにしています。

 

お尻って結構蒸れやすいですよね。

 

なので通気性のよい下着を履くことを心がけたり、汗をかいたらこまめに下着を変えるなど清潔にしておくようにしています。

 

また体を洗うときは優しく丁寧に洗い、特に綺麗に流しています。

 

流し残しはニキビの原因になるので、丁寧に流すことを心がけています。

 

体を洗ったあとは保湿をして乾燥しないようにもしています。

 

その他には基本的なことですが、生活習慣が乱れないように気をつけています。

 

睡眠不足や食生活の乱れはニキビができやすくなり、それはお尻ニキビも同じなのでなるべく規則正しい生活習慣を送るようにしています。

 

毎日お風呂に入る時にに見るお尻、いつもきれいでいたいなと思います。

 

簡単なことでお尻ニキビを予防することができるので、毎日の積み重ねを大事にしてお尻ニキビを予防したいなと思います。

 

お尻ニキビが作らないようにする方法

お尻ニキビの対策は予防から

 

夏などの気温が高い時に、汗のせいで下着がお尻に張り付いて不快な思いをしたことがある方は少なくないはずです。

 

実はお尻は意外と汗をかきやすいうえに、常に下着に覆われている為にとても蒸れやすい部位でもあるのです。

 

お尻ニキビの原因として多いのは、皮脂や汚れと下着による蒸れです。

 

皮脂や汚れがニキビの原因になることは有名ですが、蒸れた状態がニキビを招くことに関してはあまり注意が向いていない傾向があると言えます。

 

しかし通気性の悪い下着を身につけてお尻が蒸れた状態が続いてしまうと、細菌の増加につながります。

 

こうして増えた細菌がニキビを発生させる要因になる為、お尻ニキビを作らないようにするにはまずは通気性の良い下着を身につけることが大切になってきます。

 

また、常に下着に覆われている部位であることから、日常的な肌の摩擦が避けられないのもお尻ニキビの要因になっています。

 

衣類による肌の摩擦は大きな負担になります。

 

摩擦による刺激がニキビの発生を誘発してしまうことも多いので、どうしてもお尻はニキビを避けにくい部位であると言っても過言ではないでしょう。

 

お尻ニキビは一度発生させてしまうと治すのも大変なので、まずはニキビを作らないよう、通気性の良い下着を身につけることと清潔に保つことを心がけるようにしましょう。

お尻ニキビは癖になるのだろうか

 

お尻ニキビが初めて出来たのは確か、中学生ぐらいだったと思います。

 

当時の私は顔中に酷い思春期ニキビもあって、それが遂にお尻にまで出たかぐらいにしか思っていませんでした。

 

当時学生で、学校の木の椅子に座っただけでお尻ニキビが盛大に潰れてしまって下着を汚す事もあって凄く不快でしたね。

 

ニキビ用の洗浄剤でお風呂で丁寧に洗うぐらいしか対処出来ませんでした。

 

丁寧に洗っても、ちょっと良くなったかなぁぐらいで、そこまで大きな変化が無かったので途中から諦めていました。

 

大人になって、自然と思春期ニキビも治ってきたと同時にお尻ニキビも落ち着いてきました。

 

とにかく清潔に保って、キツメの下着やジーパン等は避ける様にしていました。

 

ただ、会社に入ってデスクワークで長時間座りっぱなしの姿勢で居る様になってしまってから、時々お尻ニキビが出る様になってしまいました。

 

長時間同じ姿勢で居ると血行が悪くなり、通気性も悪くなるのでお尻ニキビが出来やすくなるそうなんですよね。

 

そうは言っても立って仕事をするわけにもいかないので困っています。

 

やっぱりお尻ニキビは一度出てしまうと癖が付いてしまうものなのかと諦めています。

 

もう、気が付けばお尻ニキビが出たりするので嫌で仕方がないです。